×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイ・ヴィトンの歴史

ルイ・ヴィトンといえば、モノグラムの財布やバッグが、あまりにも有名で、LVのマークは誰でも知っているブランドです。もともと、創始者のルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)はフランスのカバン職人でした。ルイ・ヴィトンが認められるようになったのは、皮肉にも創始者のルイ・ヴィトンの没後でした。ルイ・ヴィトンの製品は、創業当初からコピー商品との戦いでした。今現在もそうですが・・・当初は、トランクに布地をはる技法を採用しており、すぐにコピーがでていました。その対策として、別の布地を使ったり、デザインを考案していました。1888年に、チェス盤のイメージで「ダミエ・ライン」を考案しました。しかし、これもすぐにコピーをされてしまうのです。このような、状況で、1896年に「モノグラム・ライン」を発表したのです。現在のモノグラムのデザインは、コピーが出なければなかったのかもしれません。現在では、バッグのほかたくさんの商品を取り扱っています。時計やジュエリー・サングラス・ネクタイやスカーフ、洋服などなどです。実に多岐にわたって展開しています。

ルイ・ヴィトンの時計(メンズ)

ルイ・ヴィトンの時計(メンズ)は、タンブール・ベーシックタンブール・クロノグラフ、タンブール・トラベル、タンブール・ダイビング、タンブール・スペシャルバージョン、スピーディ・ベーシック、スピーディ・クロノグラフ・スピーディ・トラベル、ルイヴィトン・カップと9種類のラインナップとなっています。すべてスイス製の時計となっています。デザインは、シンプルなものが中心に構成されていますが、さまざまな場面で、使えるようにカジュアルにもフォーマルにも合うような構成になっています。また、素材にもこだわりを持っています。プラチナやダイヤを使用したものも取りそろえており、価格も20万円台から800万円を超えるものまで幅広い設定をしています。

ルイ・ヴィトンの時計(レディース)

ルイ・ヴィトンの時計(レディース)は、タンブール・ベーシック、タンブール・エレガンス、タンブール・クロノグラフ、タンブール・スペシャルバージョン・スピーディ・トラベル、スピーディ・スペシャルバージョンルイヴィトン・カップ、マジック・スピーディの8種類のラインナップとなっています。全てスイス製になっています。レディースは、ラインが1種類メンズより少なくなっていますが、時計自体の数ではメンズよりはるかに多く用意されています。また、サイズ的にも小型のものやミディアムサイズとあり、ワイドタイプのストラップベルトや、ルイ・ヴィトンらしくモノグラムマルチカラーのベルトなど選べます。また、文字盤も個性的で、マジック・スピーディには、「ダミエ」柄が採用されています。タンブール18フィズホワイトゴールドはダイヤモンドとゴールドでモノグラムのフラワーをあしらったデザインです。価格帯は、メンズよりも幅があり、20万円台からなんと1600万円を超えるものまであります。

Copyright © 2007 ルイ・ヴィトンの時計 メンズ&レディース